Beemer Bee

BMW製オートバイと愛犬びーとの日常を色々書いてみました

ドライブシャフト、スターターモーター等取外し

▲ エンジンのマウントされた様子を観察してみると、エンジンを下ろしてからでないとトランスミッションとクラッチは外せないようだ。
エアクリボックスもエンジン下ろさないと外れないようだったから、整備性は良いとは言えないかな。パーツの配置は合理的でも。。

▲ ドライブシャフト、手持ちのマイナスドライバーではうまくこじれなかったのでバールを新調して差し込んだ。結局これで浮かせておいてマイナスドライバーでこじって外しました。

▲ スターターモーターはなんとか外れそうなので先に外しておく事に。

▲ 後で分解して構造を見てみよう。

▲ 僕のSTはハンドルアップキットをかましてツーリング時に少しでも楽になるようしてあった。

▲ これは改めて見てみると単純にバーハンドルに井桁をかましたものになりますね。ハンドルがアップする事でブレーキラインが厳しくなるので、延長のブレーキホースとバンジョウボルトが付属しています。

▲ だいぶスカスカの状態になってきたよ。
あとはフロントフォーク外して、エンジン下ろすだけになった。


にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。
↓よろしかったら1-Clickお願いします!

にほんブログ村

次へ 投稿

返信する

© 2020 Beemer Bee

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。