R1200ST エンジン再起動

▲ 修複したヘッドカバー、パテも硬化したようなのでヘッドに取り付けてみた。
あれー キチッと閉まんない。。

 

▲ 裏返えして見ると、どうも盛ったパテがロッカーアームのボルトに干渉して閉まらない模様。

盛りすぎに注意だわw。

 

▲ 硬化したパテを-ドライバーで慎重に削って今度はキッチリ閉りました。

 

▲ 見た目さえないねーw

まだSTの修複見積段階なので、オイル漏れさえしなければ良いのですよ。

 

▲ 脚が曲がらなくて目視できなかったオイルレベルゲージ窓。
腕を伸ばしてシャッターをきると出てきた画像で初めて分かりました。

オイル入ってませんねー

何とか屈んで覗いてた時は、オイル十分か、空っぽか見えなくて、デラの梶原さんに聞いてみると
割れたヘッドカバーから結構漏れてたので、入ってない方ですよと言われたのですがその通りだったね。

 

▲ 結局すっからかんに近かったようで、4本投入!

 

▲ iPoneの動画、てか動画自体初めて撮りましたw。
横にして撮れば、横長になるんですか?

 

▲ 結構丈夫だ。ボクサーは打たれ強いな!

 
 

ご訪問ありがとうございました。
↓よろしかったら1-Clickお願いします!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村