シリンダーヘッドカバー リペア

▲ これはebayなどでよく出ている中華製アルミパーツで、純生の半額位の値段で手に入る。型は純生と同じのを使っているのか、いわゆる瓜2つという感じ。ただ純生はマグネシュウム合金だと思うけど、これはアルミ製です。

あがっていたバッテリーを充電して、思いきってキー・オンしてみた。
入りましたよ~ 電源が! おもわずイグニッション・オンしそうになったよ。

電機系は問題ないんじゃないのー
となるとエンジン掛けたく、いや、シリンダーヘッドカバー付いてないしと。。

目論見では、再生可能か確かめながら必要なパーツを、中古、純生新品揃えながらすすめて行く方針。
エンジン掛かるか確かめるのにシリンダーヘッドカバー買うのは方針に反するので、ヘッドカバーを耐熱パテ埋めの応急処置で凌ぐ事にした。

これでいいやろー と思ったのは、シリンダーヘッドカバーの締め付けトルクって確か10Nm? 手持ちのトルクレンチじゃ計測できない程小さい値なもので、ここってそんな圧ってかからないのねと勝手に推測した次弟です。

 

▲ 派手に穴が空いたシリンダーヘッドカバー。

 

▲破断面を見ると元々厚さはそうなくて、薄いんですね。

 

▲ パテ埋めは近くのホムセンで買ってきたこちらのマフラー用パテ。マフラーに空いた穴を塞ぐ用です。

 

▲ チューブから絞り出すとちょっとゆるいな~
ヒートガンで温めながらこねると粘りが出てよい感じに。

 

▲ 手始めに小さい方の穴から。はい、これは簡単にできました。このパテは、温めると硬化し、水分を足すと軟らかくなる性質のようで。大体そんなもんなんですか・・・w

 

▲ 大きい方を塞ぐのに一旦ラップの上に大盛り団子を作ってから、

 

▲ 表側から入れて裏側から成型していきます。同じ事を裏側からもやって大体の形を盛っていくの図。

 

▲ まあまあ、だいたい、形になってきたらヒートガンであぶって固めて、

 

▲ いやー 見ためはへたっぴ~ 大丈夫かなこれで。。

 
 

ご訪問ありがとうございました。
↓よろしかったら1-Clickお願いします!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

“シリンダーヘッドカバー リペア” への4件の返信

  1. 電装系が無事なようで良かったですね。
    中華製ヘッドカバーを取り付けて一刻も早くエンジンスタート~させたいところでしょうけれど
    そうじゃない、少しづつ進める…
    都度、作業工程を見直して考える時間が大事なんですね。
    hideさんのポジティブ思考に感心してます。

  2. yossan さん

    オートバイの修理そのものを出来るかどうか分からないけど、楽しんでやろうと始めました。ケチケチ大作戦です!w日曜日の午後のお楽しみという感じですね。楽しいですよ〜

    yossanさんから先日頂いたコメントで、機能部品→強度が出ない をヒントにカバーだったら強度要らないのではと言う発想でした。エンジンの始動の確認のためですので短時間持ってくれれば良いのです!

  3. こんにちは(^^)/

    ほんとに自分で直してる…

    すごいね! 見た目はあれだけどもー。。。

    ほらー 美人もさ 3日見たら 飽きるって 言うでしょ??

    いいのよ いいのよ!見た目なんて…(←自分に言い聞かせてるw)

    そうやって ちょっとずつ手が加えられて 生き返っていくんだね(^^)

    今後の展開が 非常に楽しみです♫ あと いくらかかるのかも 楽しみw

  4. >みいぽんさん

    ほんとに自分で直しますよ〜
    まあこれは応急処置で、エンジン掛かればお役御免になるんです。w

    全体がつかめていないので、パーツ代がいくらになるかもうちょっと時間が必要ですね。その時間が楽しいんですよ!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。